イナバ式ワキガ治療を受けました

痛みも軽くすぐに終わった

ワキガ治療ワキガ多感症治療法一覧

ワキガと多汗症のダブルパンチ2つとも治せる方法があった痛みも軽くすぐに終わった傷跡も目立たず満足な結果に

実際の手術は、まず麻酔をし、麻酔が効いてきたら脇の下に2〜3cmほどの切り込みを入れて鋏のような形状の器具を使って汗腺を除去していきます。
鋏の方側には刃がついていて、もう片方にはローラーがついていて、刃のついている方を切り込みから挿入し、ローラーで皮膚の表面を押さえながら刃が皮下組織をこそぎ取っていきます。
掻爬法という皮下組織を掻き出す術法があるのですが、イナバ式はローラーのついた器具を使いしっかり固定させながら掻爬することで、従来の掻爬法よりもより確実にそして均一に皮下組織を除去できる優れた術法だそうです。
手術自体は40分ほどですが、麻酔で眠っている状態だったので、目が覚めたら終わっているという感じでした。
術部は包帯で強く圧迫されている状態で、テーピングされていました。
手術によって剥離された皮膚を付けるために圧迫固定施された状態なので少々動きづらい状態ではありますが、麻酔が効いていたこともあり痛みはありませんでした。